トップページへ
カテゴリー不祥事対応 / 不正調査
コース名企業不祥事の「発見」「調査」「対応」の実務
講師竹内 朗 氏 / 渡邉 宙志 氏 / 岩渕 恵理 氏
形式ウェブ セミナー (webinar)
受講者像
  • 不正調査担当者
  • 不正検査担当者
CPE 3 単位 (不正検査)
講義動画をご覧になり、アンケートに回答してください。すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
価格 会員 9,900 円 / 一般 16,500
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2020/11/18~
備考

企業不祥事の「発見」「調査」「対応」の実務

講義概要

昨今、多くの会社・組織において不祥事が発生したときに、その「調査」が求められる機会も増えていると思います。もっとも、不祥事の「調査」は、不祥事への「対応」という大きな流れの中の一部にすぎないので、「調査」した結果がその後の不祥事「対応」においてどのように活用されるのかを知っておく必要があります。また、会社・組織ですでに不祥事が発生していても、それを会社として(経営陣が)「発見」すること自体が容易ではなく、不祥事の「発見」が遅れることにより不祥事への「対応」も遅れをとり、ダメージが拡大することもよく見られます。

本講では、企業のリスク マネジメントを専門とする弁護士が、会社・組織ですでに発生している不祥事をどのように「発見」するのか、発見した不祥事についてどのように「調査」するのか、調査した結果を踏まえて不祥事にどのように「対応」するのかについて、首尾一貫した観点から解説を行います。

不祥事の「調査」のみならず、不祥事の「発見」と「対応」についてもスキルを向上させることで、所属する会社・組織に一段と貢献されることを目的とします。

講義内容

第Ⅰ部:不祥事の「発見」

1.発見統制の重要性
2.発見統制の強化:メイン ラインとサブ ライン
3.メイン ラインを鍛える:3線ディフェンスによるリスク管理
4.その他の発見統制強化策

第Ⅱ部:不祥事の「調査」

1.不祥事対応のサイクルと社内調査
2.調査対象事実
3.調査体制と調査環境
4.客観的証拠の保全・収集・検証
5.関係者ヒアリング
6.調査報告書の作成

第Ⅲ部:不祥事への「対応」

講師紹介

講師写真

竹内 朗 (たけうち あきら) 氏

プロアクト法律事務所 パートナー
弁護士、公認不正検査士

早稲田大学 法学部 卒業後、1996 年 弁護士登録。

日興コーディアル証券株式会社 (現:SMBC日興証券株式会社) 法務部、国広総合法律事務所 パートナー 等を経て、2010 年より現職。

プロフィール詳細 (プロアクト法律事務所)

講師写真

渡邉 宙志 (わたなべ たかし) 氏

プロアクト法律事務所 パートナー
弁護士、公認不正検査士

慶應義塾大学 法学部法律学科 卒業、2004 年 弁護士登録。

名川・岡村法律事務所、吉本興業株式会社 執行役員法務本部長を経て、2015 年より現職。

プロフィール詳細 (プロアクト法律事務所)

講師写真

岩渕 恵理 (いわぶち えり) 氏

プロアクト法律事務所 アソシエイト
弁護士、公認不正検査士

中央大学 法学部 卒業、中央大学 大学院法務研究科 修了、2016 年 弁護士登録。

三井住友信託銀行株式会社 証券代行コンサルティング部を経て、2019 年より現職。

プロフィール詳細 (プロアクト法律事務所)

本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。