トップページへ
カテゴリー会計不正 / 事例検証
コース名公表事例で検証する会計不正の早期発見、再発防止策
講師米澤 勝 氏
形式ウェブ セミナー (webinar)
概要様々なメディアで会計不正の考察・解説を行っている講師が、公表された事例をもとに、会計不正の早期発見・再発防止の方法について検討します。
受講者像
  • 不正調査担当者
  • 不正検査担当者
  • 経理担当者
CPE 3 単位 (不正検査)
それぞれの回の講義動画をご覧になり、アンケートに回答してください。すべての活動を完了させると、CPE を取得でき、CPE 単位取得証明書が発行されます。
報告年度ごとの単位算入上限:なし (無制限)
価格 会員 9,900 円 / 一般 16,500
会員価格は、ACFE (ACFE JAPAN) の CFE 会員・アソシエイト会員・法人会員所属員の方に適用されます。ACFE JAPAN ウェブ ラーニングのみご利用の方や、ACFE (ACFE JAPAN) 会員資格が無効の方には、一般価格が適用されます。
販売期間2020/09/28~
備考

公表事例で検証する会計不正の早期発見、再発防止策

講義概要

日本取引所自主規制法人が、2018 年 3 月 30 日に公表した「上場企業における不祥事予防のプリンシプル」では、「[原則4]不正の芽の察知と機敏な対処」として「コンプライアンス違反を早期に把握し、迅速に対処することで、それが重大な不祥事に発展することを未然に防止する。早期発見と迅速な対処、それに続く業務改善まで、一連のサイクルを企業文化として定着させる。」ことが求められています。不正は大なり小なり必ず発生するものである以上、不正を完全に防止することは不可能であり、むしろ、「早期発見と迅速な対応」こそが、要請されていると言えます。

本セミナーでは、まず、2018 年から 2019 年に公表されている会計不正全般の動向を概観したうえで、近時の会計不正事件について、調査報告書から、不正の手口、発生原因と調査委員会による再発防止策の提言を検証し、さらに、会計不正の早期発見のための具体的な施策を検討します。

検討にあたっては、会計不正の中でも頻出する事例として、以下の 4 つの類型について、具体的な事例の検証から具体的な早期発見策・抑止策を確認したいと考えます。

こうした事例に対応した抑止策、早期発見策の検討を通じて、受講者の皆様が、自らの所属する組織における不正防止、早期発見のための知見のヒントになれば幸いです。

講義内容

第1部 最近の会計不正をめぐる動向

第2部 会計不正事件と早期発見策

  1. 資金流用事件
  2. 水増し発注・架空発注によるキックバック事件
  3. 架空売上・早期売上の計上事件
  4. 売上原価の付替え・先送り事件

第3部 早期発見策・再発防止策の検証 (まとめ)

  1. 変化する内部監査部門の位置づけ
  2. 会計監査人のローテーション
  3. 内部通報制度の整備
  4. キャッシュフロー計算書の活用

講師紹介

米澤 勝 (よねざわ まさる) 氏

米澤勝税理士事務所
税理士、租税訴訟学会 会員
公認不正検査士 (CFE)
ACFE JAPAN 研究会所属:東京不正検査研究会、不正の早期発見研究会

主な経歴

1998 年、税理士登録。1998 年 2 月から 2010 年 1 月まで、IT 系企業で税務、債権管理、内部統制などを担当。2010 年 1 月、税理士として独立開業。

主な書著

本ページ記載の内容は、公開時点の情報です。