法人会員ご所属員様向けウェブラーニングご優待のご案内

法人会員にご所属の方向けの優待について

お手続きについて

ACFE JAPAN 法人会員ご所属員の方は、次のお手続きによりウェブ ラーニングを優待価格でご利用いただけます。ぜひご利用ください。

  1. ウェブ ラーニングを初めてご利用になる方は、「ご利用登録」を先にお済ませください。
  2. 法人会員ご所属員様用ウェブラーニング受講申込フォーム」に必要事項をご入力のうえご送信ください。
  3. 弊協会にてお申込みの内容を確認し、請求書を電子帳票形式で発行してご案内差し上げます。
  4. 請求書をお受け取りになりましたら、お支払い予定日をご返信ください
  5. お支払い予定日をご連絡いただきましたら、2~3 営業日中に弊協会にて設定を行い、ご利用開始のご連絡を差し上げます。(お支払い予定日が後日でも設定いたします。)
  6. ご利用開始のメールがお手元に届きましたら、ウェブ ラーニングにログインして、メニューの「マイ コース」よりご受講ください。

備考

  • お申込みからご受講いただけるようになるまでに数営業日掛かります。週末や年末年始などのご受講をご希望の方は、早めにお申込みください。
  • お支払い前でも、手順 3. のメールが届いた時点からご受講いただけます。
  • 法人会員向けマニュアル」もご覧ください。

ご確認ください

ご受講いただける期間
弊協会での設定完了日より 3 か月間ご受講いただけます。(「ACFE JAPAN ウェブ ラーニング 法人会員向けマニュアル」には「ご購入から一年間有効」と記載されていますがこれは誤りです。謹んで訂正いたします。)
それより後は、再度ご購入いただかないかぎりご受講いただけませんので、お早めにご受講ください。
請求書について
お申込み受付後に弊協会よりご送付いたします。
領収証について
領収証は発行しておりません。
動作環境について
初めての方へ・ご利用環境」をご確認ください。
CPE 単位取得証明書について
ご購入いただいたコンテンツの単位取得条件を満たすと自動的に発行されます。
自主学習コンテンツについては、確認テストをご受験いただき、所定の正解率を超えますと、CPE 単位取得証明書が発行されます。
そのほか
前掲の手続きを行わず、直接ウェブ ラーニング サイトでコンテンツをご購入になった場合、お申込みの取消や返金 (法人会員向け優待価格との差額の返金も含む) などには一切応じられません。ご了承ください。

コンテンツ一覧

コース タイトル 科目
(時間)
(CPE)
講師 概要優待価格
倫理
Avoiding Ethical Lapses as a CFE
CFE による倫理的堕落の回避
倫理
(自習教材)
(2単位)
ACFE 本部教材 ACFE が開発した自習教材“Avoiding Ethical Lapses as a CFE”の日本語版です。スライド印刷物・ビデオ音声書き起こし資料 (PDF 形式, 合計 150 ページ強) と付属ビデオ (合計 14 分弱) から構成されます。
このコースでは、倫理観を欠いた判断がどのような事態をもたらすのかを説明し、自らの行動がもたらす潜在的な因果関係について洞察できるようにします。
対象者:CFE の方、不正調査に携わる方
5,000円
(税抜)
Inside the Fraudsters Mind
不正実行者の内面
倫理
不正防止
(自習教材)
(8単位)
ACFE 本部教材 ACFE 本部が開発した自習教材の日本語版です。ワークブック (約100頁) と付属ビデオ (約50分) から構成されます。
不正実行者の内面の考察を通して犯罪へと至った経緯や理由を理解し、不正の防止に役立てます。
対象者:不正調査に携わる又は携わる可能性のある方
18,000円
(税抜)
Ethical Issues for Fraud Examiners
不正検査士の倫理的問題
倫理
(自習教材)
(2単位)
ACFE 本部教材 ACFE が開発した自習教材(ワークブック)"Ethical Issues for Fraud Examiners"を CFE 会員、その他の不正対策に携わる方向けに翻訳したものです。不正検査において直面するであろう倫理的な問題への対処を学びます。PDF 形式のワークブックをダウンロード・学習後、最終試験に回答していただきます。
対象者:不正調査に携わる又は携わる可能性のある方
5,000円
(税抜)
How to Build an Effective Ethics Program
効果的な倫理プログラムを構築するには
倫理
(自習教材)
(3単位)
ACFE 本部教材 全社規模の倫理的文化を醸成するための最善の方法は、正式な倫理プログラムの実施です。 本コースでは、内部通報制度に関する方針を含む効果的な倫理プログラムの作成、実施、モニタリングに必要な知識を学びます。
対象者:企業で不正防止に携わっている方
6,000円
(税抜)
CFE に求められる職業倫理 倫理
(100分)
(2単位)
甘粕 潔 氏 不正検査士マニュアル 2015 年 インターナショナル エディション 日本語版に基づき CFE に求められる職業倫理について詳細に解説、新たに CFE を取得された方は必聴です。 5,000円
(税抜)
専門職に求められる職業倫理 倫理
(100分)
(2単位)
甘粕 潔 氏 不正検査士マニュアルに基づいて、CFE 職業倫理規程の解説と、組織倫理向上に向けた実践方法を示します。
対象者:CFE を目指す方、CFE 取得後間もない方
5,000円
(税抜)
なぜ CFE には倫理が必要なのか? 倫理
(100分)
(2単位)
山口 利昭 氏 内部統制制度や内部通報制度だけでは組織の不正はなくなりません。CFE が提唱すべき職業倫理の重要性について解説します。
対象者:不正調査に携わる方、コンプライアンス教育に携わる方
6,000円
(税抜)
不正調査倫理 倫理
(100分)
(2単位)
木曽 裕 氏 CFE が不正調査を行う際に求められる倫理面での問題点と対策について講義します。
対象者:不正調査に携わる又は携わる可能性のある方
6,000円
(税抜)
財務・会計
税務調査と企業不正 財務
(100分)
(2単位)
米澤 勝 氏 税務調査の基本的な理解と税務調査をきっかけとした不正の調査と不正発覚後の税務処理のポイントについて、不正事例を交えながら解説します。
対象者:不正調査に携わる方、経理・会計部門の方
6,000円
(税抜)
調査報告書から見る不正事例 財務
(100分)
(2単位)
小川 聡 氏 「循環取引」「架空仕入・水増し発注による着服」「押込販売及び架空販売」といった不正取引について、実例をもとに、主に会計処理や内部統制上の問題点を中心に解説し、今後の公認不正検査士の活動に役立てることを目的としています。
対象者:不正調査に携わる又は携わる可能性のある方
6,000円
(税抜)
不正会計を知る ~不正会計事案への実践的対応~ 財務取引と
不正スキーム
(144分)
(2単位)
辻 さちえ 氏 監査およびコンサルタントとして長年不正会計事案に取り組んできた講師が、不正や不適切会計を発見した時に必要な思考回路とアクション、手続き等を解説します。
対象者:不正会計に至る思考について認識を深めたい方、不正や不適切会計の発見・防止のための考え方について認識を深めたい方
6,000円
(税抜)
不正対策 基礎コース「財務取引」 財務取引と
不正スキーム
(約200分)
(4単位)
辻 さちえ 会計分野の不正検査に必要な基礎知識をまとめたコースです。これから会計分野の不正検査に取り組む方や、この分野の知識を習得・再確認したい方に向けて構成しています。
会計監査や内部統制関連コンサルティングなどで豊富な業務経験を持ち、官公庁、業界団体、協会、企業などで多数の講演をこなしている講師が、わかりやすく解説します。
対象者:会計領域の不正検査に取り組まれる方 (初任者)、会計領域の不正検査の知識を習得・再確認したい方
10,000円
(税抜)
法律
実践的クライシス・マネジメント 法律
(100分)
(2単位)
中西 和幸 氏 企業によるトラブルへの対応の不手際により、対処のあり方に批判が集中し、結果として当初のトラブル以上のダメージを被る二次的不祥事とでもいうべき現象が散見されます。実際にトラブルが発生した場合の企業の対応を中心に、単なる法律の解説を超えて、実践的な危機管理の手法について講義します。
対象者:内部統制、リスクマネジメントに携わる可能性のある方
6,000円
(税抜)
不正調査
不正調査の実務的論点 不正調査
(173分)
(3単位)
結城 大輔 氏 調査の開始・遂行・終結の各段階における実務的論点(例:調査担当部署・主体、ヒアリングや報告書作成に関する留意点等)について、弁護士としての調査経験に基づいて講師が解説します。
対象者:不正調査に携わる又は携わる可能性のある方
6,000円
(税抜)
不正・不祥事は他人ごとではない ~現場管理者・本部担当者のための実践ガイド~ 是非これだけは知っておこう! 不正調査
(110分)
(2単位)
玉上 信明 不正調査を行う際の注意点・留意点や、再発防止のためのヒントについて解説します。
不正検査士にかぎらず、管理部門・管理職・監督職など、一般の方にもおすすめです。
対象者:これから不正調査を担当する方、不正調査について見直し・再確認したい方、管理部門の方や管理職・監督職の方
6,000円
(税抜)
不正の防止と抑止
第 7 回 ACFE JAPAN カンファレンス (基調講演・対談) 不正の
防止と抑止
(100分)
(2単位)
トビー・ビショップ 氏
八田 進二 氏
第 7 回 ACFE JAPAN カンファレンス -「不正と闘う世界の原則」タスクフォースが明かす"COSO 不正リスク管理指針 (2016)"- で行われた「基調講演」「対談」の2部を収録しました。
特典:パネル ディスカッションのレポートがダウンロードいただけます。
5,000円
(税抜)
第 8 回 ACFE JAPAN カンファレンス (講演・パネル ディスカッション) 不正の
防止と抑止
(150分)
(3単位)
井上 朗 氏
八田 進二 氏
ほか
第 8 回 ACFE JAPAN カンファレンス「不正調査と人工知能 (AI)」で行われた「講演」および「パネル ディスカッション」を収録しました。
特典:講演の資料をダウンロードできます。
6,000円
(税抜)
その他 (専門知識、概要、ほか)
Overcoming Bias in Investigations and Audits
調査・監査におけるバイアスの克服
専門知識
(自習教材)
(2単位)
ACFE 本部教材 ACFE が開発した自習教材“Overcoming Bias in Investigations and Audits”の日本語版です。スライド印刷物・ビデオ音声書き起こし資料 (PDF 形式, 合計 190 ページ強) と付属ビデオ (合計 15 分程度) から構成されます。
このコースでは、バイアスとは何か、バイアスが調査・監査の局面にどのような影響を与えるかを解説し、バイアスの影響への対処法を学びます。
対象者:CFE の方、不正調査に携わる方、監査に携わる方
5,000円
(税抜)
企業不正の防止と発見のための基礎講座 概論
(100分)
(2単位)
濱田 眞樹人 氏 「CSR、コーポレート・ガバナンス、内部統制、コンプライアンスの概念整理」良く使う言葉ですが、管理職として正しい使用ができていますか?
「今さら人に聞けないけど、きちんと整理したい」という人向けに講義します。
対象者:不正調査に携わる又は携わる可能性のある方
6,000円
(税抜)
  • ACFE JAPAN が提供するウェブ ラーニング コースは、すべて「不正検査」に該当します。
  • 科目が「倫理」のコンテンツについては、「不正検査」または「倫理」として充当できます。(詳細は説明ページをご覧ください。)

法人会員ご所属員様用ウェブラーニング受講申込フォームへ

このフォームは、ACFE JAPAN 法人会員 (ご所属員) の方だけがご利用いただけます。


▲ ページ先頭に戻る ▲