CFE 倫理規程 (CFE Code of Ethics)

CFE 倫理規程

  1. CFE は、常にプロ意識と勤勉さをもって自らの責務を遂行する。
  2. CFE は、不法行為または非倫理的行為、また、CFE としての利益相反行為に該当する恐れのある活動には一切関与してはならない。
  3. CFE は、常に最高の倫理観と誠実さを発揮して職務を遂行し、自らの経験・能力に照らして、プロに相応しい成果が出せると期待できる範囲においてのみ依頼を引き受ける。
  4. CFE は、裁判所の命令を遵守し、公正無私に真実のみを証言する。
  5. CFE は、不正検査において意見を述べる場合には、その根拠となる証拠その他の資料を入手する。但し、個人もしくは団体の罪状については、一切意見を述べてはならない。
  6. CFE は、職務遂行過程で知り得る秘密情報を正当な許可なくして開示してはならない。
  7. CFE は、不正検査において発見する、真相究明に必要不可欠な重要事項をすべて開示しなくてはならない。
  8. CFE は、自らの職務遂行能力を高めるために、絶えず努力しなくてはならない。

CFE Code of Ethics

  1. A CFE shall, at all times, demonstrate a commitment to professionalism and diligence in the performance of his or her duties.
  2. A CFE shall not engage in any illegal or unethical conduct, or any activity which would constitute a conflict of interest.
  3. A CFE shall, at all times, exhibit the highest level of integrity in the performance of all professional assignments, and will accept only assignments for which there is reasonable expectation that the assignment will be completed with professional competence.
  4. A CFE will comply with the lawful orders of the courts, and will testify to matters truthfully and without bias or prejudice.
  5. A CFE, in conducting examinations, will obtain evidence or other documentation to establish a reasonable basis for any opinion rendered. No opinion shall be expressed regarding the guilt or innocence of any person or party.
  6. A CFE shall not reveal any confidential information obtained during a professional engagement without proper authorization.
  7. A CFE shall reveal all material matters discovered during the course of an examination, which, if omitted, could cause a distortion of the facts.
  8. A CFE shall continually strive to increase the competence and effectiveness of professional services performed under his or her direction.

▲ ページ先頭に戻る ▲

第11回 ACFE JAPAN カンファレンス プラチナ スポンサー:株式会社FRONTEO オフィシャル サポーター:株式会社ディー・クエスト 第11回 ACFE JAPAN カンファレンス

CFEについて

ACFE は、最先端の不正対策の訓練と教育を提供する世界最大の不正対策教育機関です。不正対策の専門家であることを示す国際資格 CFE (Certified Fraud Examiners; 公認不正検査士) を認定しています。
ACFE JAPAN では、ACFE 本部と協力して不正対策に関連する活動・教育などの日本国内への普及・展開を行っています。

 よく寄せられるお問い合わせ (FAQ)



 一般の方もご購入・ご受講いただけます。

 無料でご覧いただけるコンテンツです。

 ACFE JAPAN 会員用